絵画の額装はもちろん、立体作品や織物などの額装も提供しています。経験豊かな当店のスタッフに、お客様のイメージをお伝えください。大切な作品を保護しながら、魅力を引き出す額装を提案いたします。

オーダーフレームと規格の違い

  • オーダーフレーム:たくさんのデザインの中から選べ、サイズは自由につくれます。
  • 規格フレーム:比較的安く仕上げられます。

マットの違い

マットの幅や、色、素材(紙・布)を変えることによって、作品の見え方が変わります。

ガラスとアクリル

  • ガラス:歪みが少なく、傷つきにくいのがメリットです。少し色が入っているため色合いが落ち着いた印象になります。衝撃に弱く割れやすいので注意が必要です。
  • アクリル:透明度が高く、大きいサイズにも対応でき、衝撃に強いので割れにくいのがメリットです。2種類の製造方法があり、キャスト板は歪みが少なく、押出し板は大きいサイズになると、多少歪みが気になる場合があります。ガラスよりは傷がつきやすいのがデメリットです。
  • 低反射ガラス・アクリル:照明や周囲の風景の写り込みを抑えた商品もあります。(オリジナル商品「低反射ガラス」
  • UVカットアクリル:作品に紫外線があたると、退色したり素材を痛めることがあります。それを極力防ぐ、紫外線(UV)カットのアクリルがあります。

これまでの額装例

洋画/日本画/陶器/彫刻/仏像/織物/レース/刺繍/旗/ユニフォーム/ウェルカムボード