作品まわりの余白を考えて、サイズを決めます。展覧会などで点数が多い場合は、割安な既成サイズがお勧めです。